ネコ対策は徹底的にやる心構えで

  • ねずみ退治をしておこう

    • 台所などで、たべものがかじられているような跡が残っていたら、それはねずみの可能性があります。食べ物やその他にもさまざまなものを丈夫な歯を使い、かじってしまうため、非常に厄介な生き物といえるでしょう。大きさなども種類によってもある程度違いもありますが、ちょっとした隙間や、壁の亀裂、屋根裏などから侵入してくることもあります。


      そのため、自宅内に侵入してきた場合には、対策をしてねずみ退治をする必要があります。


      対策のため、市販されているねずみ退治用のグッズなどを利用することも有効な手段といえます。

      ですが、それ以外にも退治のために重要なことは食料を隠してしまうことです。



      エサになりそうなものをそのまま放置していると、被害はどんどん広がります。



      エサが豊富にあるところは住み心地もよくなるため、そこに居座り繁殖してしまう可能性があります。


      そのため、まずはエサとなりそうなものを隠すなりして、ねずみがかじれないようにしてしまうことが重要です。



      エサがない状態ならば、みずから住宅から別の場所に移動してしまう可能性もあります。ねずみ退治をする場合には、エサとなる食べ物を隠し、また、市販グッズなどでさまざまな対策をしておくことで、ある程度駆除、もしくは追い出すことができる場合もあります。
      ですが、複数、侵入された場合や、駆除などに時間がかかり被害増大、繁殖などによりさらにねずみが増えてしまうような状況では、収拾がつきません。そのような状況では自分で対処するよりも、専門業者に駆除を依頼して退治してもらうことが大切です。

top